美容師になろう!

夏休み以後の就職活動

美容学生さんは夏休みどんなふうにお過ごしでしょうか?

夏休みの時期はサロン見学に訪問される学生さんが多いですが、

圧倒的に1年生の学生さんが多いようです。

(東海の場合ですが)

2年生の学生さんはこの時期すでに内定が出ていて入社の日を待つばかり・・

だと思いますが、全体の40%くらいの2年生の学生さんはまだ決まっていないそうです。

でも、どうも、サロン見学や会社説明会にリアルに足を運ばれる学生さんが少ないように感じます。

やはり、学生生活最後の夏休みなので。思い切り遊んですごすという事なのでしょうか?

インスタグラムなど見ていますとそんな感じの学生さんが多いです。

まだ就職先が決まっていない学生の皆様には今年は「秋採用」が盛り上がりそうです。

9月~10月にかけて会社説明会を開催するサロンも多いですから、

是非、学校の掲示版などでチェックして気になるサロンに参加して頂きたいと思います。

「美容師になろう!」NETでもイベント情報にアップしていきますので宜しくお願い致します。

ところで気になる事があります。

美容学生さんのお話を伺いますと、

「サロン見学に行けば行くほどどこに行っていいのかわからなくなる・・」と言う方が多いのに驚かされます。

それはガイダンスや会社説明会も同じです。

多分、就職先が決まっていない学生さんの中にはそういう理由で決めかねてしまっている学生さんも多いのではないでしょうか?

相手の話を聞く事は大切ですが、「自分がどうしたいか」が無いと流されてしまいます。

決めてとなる基準をしっかり持って頂きたいと思います。

そんな事さんざん言われているけどわからない・・・そういう学生さんも多いでしょう。

ひとつ、話を聞く上でサロン選びの基準になるポイントをお伝え致します。

それは、「正直に話してくれているか」という点です。

楽しい、夢がある、スタッフ仲が良い、など、良い事ばかり話すサロンには注意されたほうが良いです。

みなさんももう気づいていると思いますが、仕事は「遊び」や「サークル活動」ではありません。

辛い事、苦しい事、も当然あります。それはどんな仕事もそうです。

そういう事も含め、成長の過程でどんな壁にぶつかるか、でも、どんな風に乗り越えていけるのか、

先輩のサポートなのか、お客様の温かく見守る目なのか。。

そういう事を正直に話してくれるサロンは信用できます。

そして、是非、質問して頂きたいことがあります。

それは「私は将来そちらに入社したらどうなれますか?」と真っすぐ相手の目を見て聞いて下さい。

その時に、しっかりあなたの目を見て明確に答えてくれるのが良いサロンです。

将来を教えてくれないサロンには入らない方が良いです。

美容業界の一番の問題は離職の多さです。

離職の一番の原因はアンマッチといいますが、本人の希望とサロンでの現実がマッチしないという事が「入社して初めてわかった」という事です。

そうならないためにも、是非、

いい事も大変な事も正直に話してくれて、あなたの将来の事を真剣に考えてくれる、

正直で将来の約束手形を発行してくれるサロンを選んで下さい。

関東h1_0512