美容師になろう!

就職活動ガイド【応募(履歴書)】

応募先が決定したら、

いよいよ応募してみよう!  

サロンにあなたを理解してもらうための大事な履歴書。

熱意が伝わる履歴書ほど、印象に残るものです。

自分の言葉で丁寧に心を込めて書きましょう。

①提出日

履歴書を持参する日を入れよう。

郵送の場合は投函日でOK!

 

②名前

大きくハッキリ、読みやすさを心がけよう。

 

③印鑑

用紙を汚さない為にも最後に押すのがオススメ!

まっすぐかすれないように注意して押そう。

 

④写真

第一印象が大事な仕事だからこそ、ヘアやメイクも気を抜かずに!

上半身のみ、正面を向き、きちんとした服装で撮ろう。

帽子やアクセサリーは取るのが基本。

 

⑤生年月日

算用数字で記入しよう。

元号や年齢など間違いのないように。

 

⑥住所

省略せず、都道府県からマンション・アパートの名称まできちんと書こう。

電話番号は一番つながりやすい番号(携帯番号など)に。

 

⑦学歴・職歴

学歴は、小学校から記入。小中学校は卒業のみ。高校以上は、入学年・学部・学科など記入しよう。

職歴は新卒なので、書かなくても大丈夫です。

 

⑧資格・免許

持っている資格は全て記入しましょう。

美容に関係がなくてもOKです。

 

⑨特技

格好つける必要はなし!

どんな小さなことでもエピソードを交えて書いてみよう。

特技がない・・・という方も、過去の経験を振り返ってみると見つかるかも。

 

【その他】の項目がある場合のアドバイス!!

◎志望動機

自分の言葉で書くことを忘れずに。

なぜ美容の仕事を目指したのか、応募するサロンのどんな部分に魅力を感じたかなど、具体的であるほどGood!

将来の目標などもあれば、是非書いてみよう。

 

◎自己PR

自分の長所や短所をきちんと伝えよう。

美容の仕事で、自分の長所がどのように活きるかを伝えられると、印象に残るアピールになります。

 

 

。・*・。*。・*・。*。・*・。*。・

前回の記事は下記よりご覧いただけます。

。・*・。*。・*・。*。・*・。*。・

★第1回:自己分析について(2017.1.16配信)

就職活動ガイド【自己分析】

★第2回:サロン見学について(2017.1.25配信)

就職活動ガイド【サロン見学】