美容師になろう!

就職活動ガイド【サロン見学】

サロン見学サロン見学をするには、まずは電話やメールでサロンに連絡をする必要があります。

ここでは、はじめてのサロン見学の予約を、マナーやポイントを押さえてご紹介します!

 

■初めてのアプローチ

①電話

電話が苦手な方が多いと思いますが、どうしてもうまく話せない方は、話す内容を紙に書いて、紙を見ながら電話をかけましょう。

緊張して最初に自分の名前を名乗り忘れる方も多いと聞きます :roll:

気を付けて下さいね 😆

「もしもし、私、〇〇美容専門学校の〇〇と申します。担当の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?」

と名乗り、サロン見学に伺いたいと勇気を出して伝えましょう。

担当者不在などで、相手から「折り返しこちらからご連絡致します。」と言われたら、

「はい!お願いします!」と伝えましょう。

最後に必ず、「ありがとうございました」「よろしくお願い致します」とお礼の言葉を忘れずに!

②メールやSNS

メールやLINEなどのSNSでサロン見学や会社説明会に申し込めるサロンが増えてきました。

ポイントを押さえ、しっかりとしたメールを送ることが大切です。

 

〇〇(サロン名)

担当 〇〇様

はじめまして。〇〇美容専門学校の〇〇と申します。

この度は、「美容師になろう!」を見てご連絡をさせて頂きました。

一度サロン見学に伺わせて頂きたいと思いますので、

ご都合をお聞かせ願えますでしょうか?

(専門学校名・氏名)(住所、電話番号、メールアドレス)(希望の日時)

ではご連絡をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

 

■サロン見学

「当日までの準備」

①見学するサロンの情報をホームページや会社案内、SNSなどで事前に調べておきましょう。

「何店舗あるんですか?」など、調べていれば明らかに分かる質問をすることのないようにしましょう。

 

②募集要項をしっかり読んで、待遇面など気になる点をチェック。

サロン見学当日までに質問したいことをまとめておきましょう。

そしてメモを持参して下さい。

 

「サロン見学当日」

①遅刻厳禁!早く行き過ぎるのも要注意です。5~10分前がベストです。早めに到着したら周りを散策してみるのもよいでしょう。

 

②携帯電話は電源をOFFに。

 

③サロンに入ったら「おはようございます」「こんにちは!」と元気よく挨拶しましょう。

受付の人がいたら受付の人に、いなければ気が付いて出てきて対応してくれた人に学校名と名前と見学に来たことを伝えましょう。

 

④待たされるようでしたら、だらしない格好で椅子に座ったりしないようにしましょう。

待つ間にスタッフの働く様子や客層などをチェックし、自分がそこに立って働く姿をイメージしてみましょう。

 

⑤見学の間は担当してくれる人の話をメモに書き留めておきましょう。

メモをしながら見学にのぞむあなたの姿はきっと好印象を与えられます。

相手の人が友だちのように接してくれても決して「タメ口」にならずできる限り丁寧な言葉で話しましょう。

 

⑥最後にもう一度質問がないか確認したら終了です。

お礼も忘れずに言いましょう。(長居しないよう15~30分で失礼しましょう)

服装について