美容師になろう!

株式会社シュリンプ 代表取締役インタビュー

main

シュリンプ=エビのように
生涯脱皮し成長して行こう。


「美容師になろう!」の目的は人材が集まり育ち永く活躍できる美容業界にする事。そして、表面的な華やかさだけではなく、仕事の本質を大切に理念経営に取り組む企業が増えてきました。時代とともに「物」から「思い」へ価値観が変化した事の現れでもあると思います。「変わる!美容業界」と銘打ったこの特集。

今年で設立20年目を迎えるシュリンプは名古屋市昭和区・瑞穂区・名東区、長久手、東郷町に6店舗展開するトータルビューティーサロン。
ママ美容師が働くサロンも別ブランドで展開中。
人に優しい会社を目指す2017年8月に社長に就任された渡辺氏にお話を伺いました。


株式会社シュリンプ
代表取締役 渡辺 信彦氏

1970年4月岐阜県恵那市生まれ。
愛知美容専門学校卒。
大学進学よりも自立する道を選び美容師を目指す。
最初に就職したサロンで22歳の時店長になる。
その時出会った創業社長の井上氏が仲間と共に立ち上げたシュリンプへ入社。
入社20年、シュリンプも20期を迎える。
託児所を完備した人に優しい会社を作り名古屋市昭和区・瑞穂区・名東区、長久手、東郷町に6店舗展開するトータルビューティーサロン。
ママ美容師が働くサロンも別ブランドで展開中。

進学ではなく選択した自立への道

高校は進学校で90%以上が大学進学という状況でした。
僕も大学進学を考えたのですが、4月生まれですから大学卒業する頃には23歳になります。
僕は23歳まで親にメシを食べさせてもらうのがイヤでもうひとつの選択肢であった美容師の道へ進みました。

美容学校卒業後、僕は親元を離れ愛知県内のサロンへ就職。
22歳で店長になりました。

しかしスタッフを長く育てようとしないオーナーの方針に共感できず退社。
昔は辞めても人を雇えた時代でした。

僕はその店で働いていた井上が独立しシュリンプを立ち上げ合流。
20年前、梅森坂店のオープニング店長がシュリンプでのスタートでした。

何の為に美容師をしているのか

group 最初のお店を辞めた時に僕は「何の為に美容師をしているのか」考えました。
僕は小学生の頃から学級委員をいつも努め人をまとめたり人の為に頑張る事が好きでした。
そして進学校なのに大学よりも選んだ美容師の道です。
人一倍頑張りコンテストでは賞を取り周囲から評価されました。

しかし、教えた後輩がコンテストで入賞する方が自分の時よりも嬉しかった。

僕は人を教えて活かす事が自分の喜びであると気が付きました。
ですので、自分で独立という選択肢もあったのですが、シュリンプに入社し仲間とともに頑張る道を選択しました。

今日より明日。日々成長

今では信じて頂けないかもしれませんが、売上を300万円以上上げる売れっ子スタイリストで、「香久山のカリスマ」(※香久山という所にお店がありました。)と呼ばれていました(笑)

当時はほんと、凄かったですね。

8月にオープンしスタッフ5人で生産性90万円、お店は繁盛して行きました。
その後僕はシュリンプ一社店、長久手店を立ち上げ全て成功させることが出来ました。

その頃大切にしていた考え方は「今日より明日。日々成長」という言葉でした。

シュリンプという社名の由来はエビは生涯成長脱皮して行きます。
そのエビのように脱皮し成長し続ける会社になろうという意味から付けられました。
そしてその考え方はシュリンプの理念へと繋がっています。
ですので、僕も「日々成長!」この事を肝に命じていたのです。

シュリンプの理念

左上_R 入社し間もなくして会社の理念が出来ました。
当時は美容バブルの時代でしたし、理念があるサロンは少なかったと思います。

シュリンプが目指したのは人間性追求会社。
ヒューマンカンパニーです。

そして15、6年前、当時の幹部で理念塾へ行き理念について学び、会社に理念委員会を作り皆でどんなサロンを目指したいのか、どんな経営をしたいのか話し合いました。

経営理念、ビション、ミッション、教育理念、人事理念を決め価値体系を作りました。

そして「もっと素的に!ずっと成長!お客様とともに!」という理念が出来、「エビの心得」という価値体系が生まれました。

健全な価値観を持ちましょう

社員教育では人を大事にする事を教えます。
具体的には健全な価値観を持ち、その価値観の下、行動するという事です。

例えば「人に優しいほうがいいか、優しくない方がいいか」と聞くとみんな「人に優しい方がいい」と言います。
ではおばあさんが電車に乗ってきたら席を譲った方が良いでしょう。

人にしてもらって嬉しいと思う事をどんどんして行きましょう、と教えます。

また「のに咲く花は無い」という話があります。
「頑張ったのに」「先輩が〇〇したのに」と否定するのでは成長の花は咲きません。

シュリンプの入社研修では最初の2週間は技術指導を一切しません。

学生から社会人へとマインドチェンジ、それこそエビの脱皮のように考え方を変えて行きます。

今自信のない若者が多いです。 まずは自分を価値ある人間と認める事。
誰もが価値を持っています。

自分で自分の価値を認めてあげて、例えば「私は楽しさを与える事ができる人間です。」など、自分がなりたい自分を見つけて行きましょう。

僕はみんなの味方だよ

2017年8月に前社長の後を引き継ぎ社長に就任しましたが、その所信表明で「僕はみんなの味方だよ」と話ました。
僕がみんなの事を考えるから、みんなはお客様の事を考えてくれればいいよ。
みんながお客様の方を向いて頑張った事を良い形(環境)にしてお返ししていく、それが僕の仕事です。

僕は20年前「人を喜ばせる、人の為に頑張る」事を使命と決めました。
4月から交代で年間休日を100日以上にするために定休日を無くし年中無休となりました。
社長となり、より働きやすい環境を整備し生産性を上げ新しいシュリンプを作って行こうと思います。

美容師はスーパーマン

美容師は好きでやる仕事。
なおかつ、人に認められて慕われて尊敬されて愛される仕事。
人が幸せを感じる要素が全部入っている。

毎回お客様にありがとうと言われ自分の存在価値が感じられる仕事、他にありますか?

そして毎回オーダーメイド。
毎回、設計施工まで全部してサービスとしてお渡ししてお帰り頂く。
こんな人として必要とされる仕事はないので僕は美容師はスーパーマンだと思っています。

これを感じられる前に辞めて行くのは本当にもったい無いです。

美容師免許取った、デビューしたら美容師ではなくて、担当した人がリピートしてくれて初めて美容師のスタートラインにたったんだよ、と教えています。

ずっと続けられる会社へ

そんなに良い仕事だからずっと続けて欲しい。
美容メニューが多様化していく中でスタッフには武器をたくさん持って欲しいと思っています。

当社ではヘアだけでなく、ネイル、アイラッシュなど、色々な技術が取得可能で、事業としてではなく、メニューとしてトータルビューティーを提供するサロン経営をして行きます。

また結婚、出産後も復帰するスタッフが多いですが、ママ美容師の働きやすさを重視した別ブランドのサロンを作りました。

スタッフが頑張ってくれるから僕が将来の道筋は作っていくし、みんながどうなったら幸せになれるか考え続けて行きます。


最後に・・美容学生さんへ

美容の価値観を決めてしまうので、最初のサロン選びは凄く大事です。

一生を賭ける仕事。

趣味ではなく仕事として捉えて社会人として働くとう事を前提にサロン選びをして下さい。
趣味を仕事にするのではなく、仕事を趣味にして下さい。
続けていれば、僕のこの言葉を理解して頂ける時が来ると思います。

本社連絡先

2shot2 株式会社シュリンプ

〒466-0044愛知県名古屋市昭和区桜山町1-3-2
連絡先 TEL:052-852-9887
URL http://www.shrimp.co.jp/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
進学校で高偏差値だったといわれるだけの事はあり(笑)とても流暢でわかりやすくお話しして下さいました。若いスタッフさんにも渡辺社長の想いは伝わるのではないでしょうか。伝え方、大事ですよね!また、シュリンプの理念には大いに共感致しました。
(「美容師になろう!」編集長/荒井由美)

SHRIMP 株式会社シュリンプの求人情報はこちらへ!

2shot 是非、ご覧ください!